切迫流産・早産体験記(そもそも編)

はじめに・・・このシリーズは猫ブログでありながら猫の話題は出てきませんので、興味のない方はスルーでお願いします。

切迫流産とか、切迫早産とかって妊娠トラブルの中では割とポピュラー。
女性ばかりが集まるうちのサロンでも、ちょくちょく出てくる話。

でも、実際なってみると、知らなかったこといっぱいあったの。
妊娠してから、はじめてのお産!みたいな本で勉強してたんだけど・・・。

お産にかかわることだから、病気とは言えないけれど、まぁいわゆる妊娠トラブル
この切迫流産・切迫早産について、ももれんじゃーがお勉強したことをお話しちゃおかな~なんて・・・(^^ゞ

全3回シリーズです♪

今回はそもそも編

☆そもそも切迫流産・早産って何?って話

赤ちゃんが子宮の外の環境に十分対応できる状態まで成長する前に分娩になってしまうことで、実際子宮外に出てしまうことが流産・早産であるのに対し、このままいっちゃうと陣痛になっちゃうよ~っていう状態が切迫流産・早産って感じです。

流産か早産かは週数によって分類されて、22週未満が流産、22週から37週未満が早産となり、37週以降は正期産のため切迫の症状が出ても、当然陣痛→出産となります。

だからね、私がうけた点滴の薬剤は36週と6日までしか使用できず(保険の関係?)、同室だった34週5日で入院してきた切迫早産の妊婦さんは、38週で帝王切開予定だったけど、36W5Dで点滴外したとたん張り出して陣痛になりかけ、緊急帝王切開は肺炎などの危険を伴うことから、また点滴で抑えて翌日には帝王切開。1日早産で、ちょぴり小さめの赤ちゃんが生まれました。


◎どんな症状なの???

症状はいろいろあるみたいだけど、一番はやっぱりお腹の張り。でもお腹の張りは7・8ヶ月からは生理的に普通に起きることだし、最初のうちは、張りなのか胎動なのか便秘なのか?区別つかないことが多く(私もそうだったけど)、放っておいちゃう人も多いみたい。
ただ、張りっていっても生理的な張りは問題ないので、繰り返す張り(横になってても張る)ようなのが切迫症状だとか・・・

あと自分でわかるのは出血や破水。

子宮頚管が短くなるとか子宮口が開くという症状もあるけど、これは病院じゃないとわからない。

だから、私のように、出血してあわてて病院行くとか、張りが分かったり、痛みがあって自ら受診するとかじゃなく、全く自覚してなくて定期健診で「切迫だよ~」って人も多いらしい。


◎経過はどうなるの?

このままいくと陣痛→出産になっちゃうよ~って状態なので、放っておけば、流産・早産になっちゃいますが、適切な治療を受ければ妊娠が継続できる可能性は高いそうです。

◎どうして切迫になっちゃうの???

多くの場合、明らかな原因は不明らしいですが、推定される原因としては・・・

感染症、頚管無力症、子宮奇形・筋腫などの子宮の異常、妊娠高血圧症・前置胎盤(私はこれ)・胎盤早期剥離・羊水過多・多胎などの母体合併症、母体年齢(高齢←私はこれも!)、喫煙、過度のストレス・疲労だそうです。


◎要は何が重要か?というと・・・・

未成熟な赤ちゃんが子宮外に出ちゃうということは、時期によって赤ちゃんの生命維持が危険(流産)になるし、生命が維持できても、赤ちゃんが乗り越える問題が多くなる(早産)ということ。
切迫流産・早産は、今まさにその危機が迫ってますよという状態。
とにかく、一日でも長く赤ちゃんをお腹の中で育てることが一番重要なのです。




そもそも編はここまで

次回は「治療編」です


 ふろく

画像

くっ
画像

かっ



※作り置きした記事を更新しています。
※コメ返遅かったり、ボチボチ更新・ボチボチ訪問になってしまいますが
 コメント残していただけると、すごく励みになります。

コチラもよろしければポチっと・・・
にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ ハイリスク出産へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

2009年08月20日 23:40
ももれんじゃーさん、こんにちは!
先日はブログへのコメント、ありがとうございました!!
こちらは猫ちゃん中心のブログなんですね~。いや~、癒されました・・・。
以前、実家には3匹の猫がいて、現在はワンコと暮らしているので、
ペットがいて赤ちゃんを迎えるって状況も似ていますね。

今回の記事の続きもとても気になります。
10人の妊婦さんがいれば10通りの妊娠期間があると思いますが、
今後も情報交換してもらえると嬉しいです♪

また拝見しに来ますね~!

2009年08月21日 00:22
お久しぶりデス♪
ご無沙汰しちゃったので、ドキドキしながら開きました☆
まだおうちにいるみたいで、ホッ^^
ももれんじゃ~さんの使命は、たまごちゃんを出てきても大丈夫なときまでおなかであっためることなんだから、更新やらコメ返やら、気にせんでよかよ~
今日の記事、すっごくためになりますね☆
私も自分がそうなったときは何も知らなかったから、こーゆー知識って身につけておいたほうがよいと思います!
うちにもりゅーより小さいあかちゃんがいるので癒されに来てくださいね♪
2009年08月21日 11:20
☆mihoさま

こちらこそ、来訪ありがとうございます。
私のブログは基本猫ブログなんです。
たまたま前置胎盤だったり、切迫で入院したりなど、「聞いたことはあるけど良く分からない!」みたいなケースに遭遇したので、誰かの、何かのお役に立てればな~と私の妊娠についても書いてるだけで・・・(^^ゞ
私も入院中に携帯で前置胎盤や切迫についていろんなブログ探して励まされたり、猫ブログで癒されたりしてたし・・・

情報交換、こちらこそ嬉しいです。

私も体調がゆるす限り訪問させて頂きますね!
よろしくお願いしますm(__)m
2009年08月21日 11:48
☆リー☆さま

まだいますよ~!
でも最近張りの回数が結構多くて、次回の検診までなんとか持たせたいんだけど、正直毎日病院へ行くべき?と悩む日々・・・(/_;)
今週は私の主治医の先生が夏休みなんだもん。

切迫の知識って、どの本にも書いてあったし、リー☆ちゃんもそうだけど、結構なる人いる気がするのに、実際当事者にならないと分からないこと多かったんだよね~。ことの重大さも、周りの反応も・・・

私はお医者さんじゃないから、詳しいことは分からないけど、私の体験が、誰かの何かの役に立てば良いなと思います。

何?りゅーちゃんよりちっちゃい???
すぐ行く~~~びゅ~ん!
エンヤ
2009年08月21日 17:10
女性は、赤ちゃんが出来ると体質まで変わってしまいます。体の中で充分に大きくして生まれた方が一番赤ちゃんにとっても、オカアサンにとってもシアワセなんですよねー。
2009年08月21日 20:50
早くたまごちゃんに会いたい気持ちはありますが、今お腹の中で私と一体になのに、離れてしまうのも寂しかったりして・・・。
こんな気持ち、お腹に宿すまではわからなかったですもんね~。
本当に赤ちゃんできると変わるもんですね~。

この記事へのトラックバック